損が止まらない


Winkの「愛が止まらない」の替え歌です。
オリジナルは1988年発売。
え?
そんな前?

懐メロですねえ。


今風な感じのおしゃれなアレンジにしよう
と思ったものの、
今風どころか、
発売当時でもダサいような気が(笑)

作っている時に
SleepFreaksの
「Cubase Proで作る旬なエレクトロミュージック」
がアップされてて
それも参考にしたのですが、、、

勉強になる事も多かったのですが、
Pro10が前提なので、
おじさんのCubaseはElements9では
出来ない事が多くて多くて、
みんなビンボーが悪いんや(笑)




失敗
 ↑↑ 大きい画面はこちらから
   別タブでYouTubeが開きます。


もっと色々と盛り込んだ方が良かったのか、
でも、
余りゴテゴテしたのは好きじゃ無いし、、、

今回初めて「Send」を使いました。
まだそんなレベルです(笑)

これでようやく
うっすらリバーブをかけれるようになりました。
リバーブのパラメータをいじるだけでは
うまくいかなかったので
これまで余り使ってなかったのです。

あまり「うっすら」では無い気もしますが(笑)


画像の方はまたキャラミん。

カメラワークを決めたあと、
それぞれのキャラで立ち位置を変えて書き出して、
動画ソフトで1つにしました。

ただ、
移動カメラを使うとパースがおかしくなるので
凝った動きが出来ませんでした。
しょぼん。


元歌を知らない人が多いと思ったので
歌詞を変えてるところを2段書きにしましたが、
見にくかったかなあ。


Cubaseが10になって
アップグレードは無理でもアップデートしようか
悩んでいます。
たった3千円ですが。

みんなビンボーが悪いんや(笑)




posted by うつのおじさん at 10:59Comment(0)作ったの

スルガ銀行冬景色


ネタを思いついたのが遅くて、
スルガ銀行のゴタゴタが収まる前にアップしようと、
急いで作りました。

時間が無いので伴奏はあっさりめ、
ピアノとエレピ、ベースとドラムのみです。




失敗
 ↑↑ 大きい画面はこちらから
   YouTubeが別タブで開きます。


今聞くと、
ライドシンバルの音、
もう少し小さくしてもよかったかなあ。
結構悩んだのですが。

あと、
ベースももう少しひねれよ!
な感じ(笑)
演歌のベースはよく解らないしなあ。


テンションノートを多めに入れてます。
あれこれ悩んで、
あっさり普通の7thでいいと思ったとこが
ありましたが、
4回連続入れるなよ!です(笑)
(Aメロ2小節目終わりと6小節終わり)


最大の後悔というか、
おじさんの技術ではうまくいかなかったのが
ボカロ。
演歌っぽく歌わせるのは
やはり難しかった(汗)


画像はキャラミんで作ってます。
この曲は♩=85ですが、
キャラミんでデコードすると
♩=127.55になっちゃいました。

テンポが遅いためか、
はたまた、
ジャストビートがベースだけだからか、
よく解りません。

それにしてもキャラミん、
テンポは手動で入力できますが、
ファイルを再読み込みするたびに
微妙にテンポが違ってしまうのに悩みました。

速い曲なら気にならないレベルですが、
こんな遅い曲だとビートが微妙にずれてしまいます。

テンポを再入力すると
ポーズやカメラワークがリセットされて、
今までの苦労が水の泡涙目で、
おじさんの老い先短い時間を返せ!!
です(笑)

何とかして欲しいところですが、
もう改良は無いだろうなあ。





posted by うつのおじさん at 09:53Comment(0)作ったの

おっぱい!おっぱい!





失敗
 ↑↑ 大きな画面はこちらから(別タブでYouTubeが開きます)


聞いての通り、
ありきたりな3コードのフレーズ回しです。

間のオルガンにちょっと凝ったくらい。

でも、
ボカロを始めた時から、
いつかは作ってみたかった曲です。

夢が叶った!!

また、しょーむない夢を(笑)


最後の回し、
16分音符で「おっぱい」を連呼すると
「よっぱい」に聞こえちゃっます。

「い」の音の長さを短くして対応しましたが、
あんまり短いと聞こえないし、
での妥協です。

今思えば
「お」の開始タイミングを気持ちずらせば
もうちょっとましだったかなあ。
特にバックコーラス。


元々、Flowerをメインボーカルにするつもりでしたが、
結局メグッポイドにしました。

Flowerはまたバックコーラスです。
君がメインを取るのはいつになるやら。


フレーズもイントロもバッキングも
ありきたりすぎなので
Originalとしました。

ただ、
「著作権保護されたコンテンツです」
と言われるのはいまだに納得いきません。

確かにありきたりで陳腐ですが、
こんな物、
19世紀から多くの人が使ってきたはずだし、
今さら誰かが著作権を主張するなと言いたい。

しかし、
それだけに、
おじさんも抗議が出来ない悲しさでした(笑)



posted by うつのおじさん at 15:13Comment(0)作ったの